包茎手術の方法について

包茎がコンプレックスになっている方は決して少なくないと思われます。包茎だと温泉などで裸になることを躊躇してしまったり、SEXに自信が持てないなどの問題が生じてしまいます。そこで、包茎手術について具体的に見ていきます。包茎手術といっても様々な方法があります。まず、環状切開を挙げることができます。これはペニスを伸ばして、余分な皮を輪切りに切除して縫合をする方法になります。環状切開は簡単に行えるので、最も有名な包茎手術だと言うことができます。

また、背面切開があります。これは包皮の開口部分から縦に切開し、亀頭が露出しやすい状態にして縫合する方法になります。背面切開はカントン包茎や真性包茎などの重度なケースで行われることが多いです。さらにナチュラルピーリング法も良い方法です。これは包皮を剥いて亀頭を露出した状態で縫合し、固定する方法になります。ナチュラルピーリング法で使われる糸は体内に残っていても問題ないものなので、抜糸をする必要がありません。この他にも亀頭直下埋没法や根元部固定法などがあります。

重度の仮性包茎やカントン包茎、真性包茎の場合はコンプレックスがなくても手術を受けた方がいいです。なぜかというと、重度の場合は雑菌などが繁殖して性病になるおそれがあるからです。その状態でSEXをしてしまうと相手に病気を移すことになるので、剥けない状態を放置しておくのはナンセンスです。包茎手術を受ける際の注意点はクリニック選びになります。クリニックを適当に選んでしまうとトラブルが生じてしまう可能性があるので気をつけてください。

包茎を改善するどころか、勃起不全などの問題が起こってしまうので、安全性が高いクリニックを選ぶ必要があります。費用が安いという理由だけでクリニックを選ぶ方がいますが、その選び方はあまりおすすめできません。費用が安いところを選ぶのは構いませんが、安全性に問題がないという前提がなければいけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です